BLOG ブログ

2015.4.17

季節・長寿のお祝いから「時を超えて心を通わす」写真 ”PictCloud” 「ピクトクラウド」

 

■ 花見

 久々に家族で集まり、最近の出来事などでワイワイ

 「桜を見に散歩してみるか」

 「みんなで、こうして花見をするのは久しぶりだなあ」と会話が弾む

 「写真撮ろうか」

 数年前の写真と比べてみて、家族の成長をしみじみと嬉しく思う・・・

 お墓参り

 「久々にお墓参りに行こう」

 「ここには、お祖父さんやご先祖様が眠っておられる」

 「お祖父さん、お祖母さんってどんな人だったの?」

 「ほら、この写真見てごらん」

■ 同窓会

 「そう言えば、5月連休は久しぶりの同窓会」

 「写真を探してみよう」

 「皆がどう変わっているのか、興味津々」

 「顔、名前わからないかも…」

 「ビフォー & アフター 宜しくね」と妻が言う

 「写真に名前を付けておけば良いね」

季節のお祝い、そして、長寿のお祝いに

そんな、写真による「時を超えて心を通わす…」

ピクトクラウドで、そんなお手伝いが出来たらと思います。

2015.4.17

PictCloud ピクトクラウド お客様の声から  -みんなの顔が楽しみです-

 

京都在住の方より

 

西村様、

二回目の封筒が、今朝、届きました。

写真プリントを希望通りに仕上げていただき、本当にありがとうございました。助かりました。

写真数で300ショット余、それをA4光沢紙で100枚余(複製含め)、冊子風の仕上がりで、しかも気軽に繰り返し注文できる金額で送っていただきました。断られるまでずっと続けていくつもりです!

もとをたどれば、四ヶ月になった初孫娘の大量の写真、そして今後も増える写真を、全部プリントして並べて一覧で見れるような冊子にしてくれ(確かに見やすい)と、老両親たちや親である長女夫婦からも頼まれて悩んでいたのです。もちろん、家のプリンタ、次にコンビニやプリントショップ、さらにはネットサービスのアルバム印刷も試みましたが、どれも合わず金額も張りダメでした。単純に、写真を並べてプリントしたいだけなのに、何故できないと困り果てていたのです。

その時に、西村さんが相談に乗ってくれました。

中味は、自分で作ったA4に「写真9枚を配置したpdfファイル」です。西村さんはそれをそのまま黙って、きれいにプリントしてくれました。私はこれを学生時代によく使ったリングファイル(A4/30穴)に綴じていき、増やしていくつもりなのです。ファイルは、写真を配るみんなに持ってもらいます。

正月に持っていくので、みんなの顔が楽しみです。

ありがとう!!!

京都住人

 

後記

喜んで頂けて、嬉しかったです。

今回は、pdfを共有フォルダで送って頂きました。

個別のデジカメ写真を、9面/A4光沢紙1枚に並べてプリント出来ます。ご要望によっては、

8面/A4光沢紙1枚も可能ですし、それ以外のバリエーションも可能です。

大量の写真をさっと見れるという手軽さは、ストレスが無く、保存版になります。

コンビニエンスストアで後ろを気にする事なく、お手元に届きます。

新年や成人式のお写真や、季節やその年の記念のお写真などが、直に見れるのが良いです。

おじいさまや、おばあさまなど、離れている方々へ送るのにも適しているかと思います。

勿論、続けさせて頂きます。

                                     西村 克彦

2015.4.17

PictCloud ピクトクラウド お客様の声から  -我が家のお宝が永久保存版になりました-

 

東京在住 水元様より

 

水元様とup2

 

我が家には子孫代々受け継ぐお宝の写真が2枚あります。

1枚は昭和32年5月に写されたもの、もう1枚は昭和32年9月に写されたものです。

それらの写真は、写されて57年になります。

母が生きている頃は、さほど写真の保管に不安はなかったのですが、母が亡くなってから段々と写真のことが心配になっていました。

昔の写真機で写したもので、原版もガラスのようなものですから、破損したり、写真をなくしたりしたらどうしようと、いつも気になっていました。

ある日、NHKのテレビ放送で、昔の古い写真をデジタル化した、ビフォアー・アフターの映像を見たとき、これしかないと思いました。

そこで、インターネットで「アナログ写真 デジタル化」で検索しましたところ、何社かピックアップされて、その中のアナザーライフに掲載されていた、クロスマインズの西村克彦さんに出会いました。

西村さんのプロフィールや、写真に対する思いなどを読ませていただいて、

「この方しかいない」と思い、連絡して写真のことをお願いしました。

かなり難しいものでしたが、快く引き受けてくださいまして、その仕事ぶりを拝見させていただきました。

最先端の機械を駆使しての作業でしたが、その動きはまるで手作りのようでした。

何回も画素を変えて、コントラストや、拡大、縮小を繰り返して、私が納得するまで根気よく画像を再現してくださいました。

そのおかげで今や、一つはクラウド上に、一つは焼きつけていただいたDVDに、一つは私のPCに、もう一つは今まで通りのアナログでと、4つに保管できるようになりました。

もうこれで安心です。大きな災害があるたびに不安になっていましたが、お陰様で安心して

我が家のお宝を守っていくことができます。

西村さんに御縁があって本当に感謝しております。

これからも力になってください。                    東京在住  水元

 

後記

インターネットで検索して、ご連絡頂きまして、本当に嬉しく思っております。

一度目は、600dpiの解像度でデジタル化を行いましたしたが、後日お電話をお掛けして、状況をお伺いしたところ、もう少しハーフトーンを再現されたいとのご希望でした。

そこで、オフィスにお越し頂き、ご一緒に確認しつつ、デジタル化させて頂く事になりました。

印画紙、写真乾板のサイズを考慮し、1,200dpi モノクロ16bit、4800dpi モノクロ16bitなどの、高画質スキャン及びデジタル化処理をさせて頂きました。

今回のデジタル化では、多くの事を学びました。

本当に有り難く思っております。

今後とも、宜しくお願い申し上げます。

西村克彦

2015.4.17

PictCloud ピクトクラウド お客様の声から  -当時の思い出が瞬時に蘇ります-

西村様

 

お世話になります。

先週金曜日に写真・DVD受領いたしました。

古びたモノクロ集合写真(中学時代の学年全体約300名の被写体で46年前のプ

リント画像)が鮮やかに復元されて大変うれしく思います。

拡大プリントではどうしても個々の顔がぼやけるのですが、高密度の解像スキャン

処理いただき、PC画面で個々の表情を拡大確認できることで当時の思い出が瞬時

に蘇ります。

ありがとうございました。

埼玉県在住のお客様

 

後記

最初のお客様でした。 まさに感涙です。

今回の集合写真では、600dpiのスキャン密度では、お顔の表情の再現は難しいと判断し、

高密度の2400dpiスキャンをご提案致しました。

 

お写真により、時を超えて心を通わせて頂き、本当に嬉しかったです。

弊社では、機械的にスキャンなどの処理を行うのではなく、お写真やアルバムの種類、状態によって、最適な方法やスキャン解像度をご提案しています。

今後とも、宜しくお願い申し上げます。

                                       西村克彦

1 2 3 次 ›
2015年4月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ARCHIVE