プロフォトミックス

カメラマン - 丸本祐佐

  • カメラマン - 丸本祐佐

    ☆Photographer MAL by 丸本祐佐 [プロフィール]☆

    ヘアサロンを退社後…
    生まれて初めてのカメラを手に作品を撮り始め、フォトグラファー外山正氏に師事。
    基本的な技術を学んだ後、独立と同時に自分自身の心を表現したモノクロ写真を手にparis へ
    Paris VOGUEに作品を持ち込んだことがきっかけとなり、『fragments de l'esprit 』(邦題名:心のかけら)のタイトルでパリ市内、マレやオペラ地区などで個展を数回開催、また南仏の芸術祭への出展依頼など、構図センスや感性が認められ高い評価を受ける。

    帰国後ポートレートやファッションを中心とするフォトグラファーとしてデビュー。
    著名人やタレント、モデルを被写体とした雑誌の表紙やファッション撮影、バレエ・舞踏家などの撮影も数多く行う。
    特に著名人やタレントの他では余り見られない表情や躍動感に特化したポートレートが業界内でも大きな影響を与える。
    またフォトグラファーとして東京・大阪・福岡で専門学校の非常勤講師を務め、2008年には臨床心理カウンセラー資格を取得し5年間の実践業務も務める。

    2010年、フォトグラファーとしての一線を離れる。
    2年半の区の施設での業務、また心理カウンセラーとして人に寄り添った日々、そしてこれまでの20年余りのフォトグラファーとしての経験が繋がり、写真の新しい可能性を見つける。

    2013年、フォトグラファーに復帰。
    最近の仕事では、VOGUE JAPAN Website、Wedding BOOK、などある。

    2013年末から一般の方々を対象としたポートレートや家族写真に可能性を見いだし、「ありふれた日常が未来では尊いものになる」「ありのままが美しい」「あなたが あなたである ということ」の3つをコンセプトにオーダーメイド・フォトをスタートする。
    家族写真を撮影していくなかで新しい形(サービス)としてのオリジナル写真集を提案、一般の方々を対象とした既存のアルバムやフォトブックでは見られない本格的なもの、写真家が書店に並べる様な形の写真集の提供を始める。
    また「人や地域社会に寄り添う写真」をテーマとして掲げ、個展、展覧会などの企画やワークショップなど、人と写真の可能性を考える日々である。

  • カメラマン - 丸本祐佐

    カメラマン - 丸本祐佐

    カメラマン - 丸本祐佐

    カメラマン - 丸本祐佐

お問い合わせ