どんな表面へも、印刷を可能にしたい…

そんな想いから、過去の印刷技術・知見を屈指し、3年を費やして、Laxerop(ラージェロップ)技術を開発しました。

この技術により、従来では困難であったグラス ・ガラスへの透明度が高く、色鮮やかなフルカラー 印刷が可能となりました。

日本古来のあらゆる和紙、タイル表面、金属表面、などへも、フルカラー の印刷が可能です。

この技術は、平成29年度 東京都港区の新製品・新技術開発支援事業補助金の交付決定を受けて、自社開発したものです。

Laxeropヒストリー

Laxerop技術の開発〜現在、今後の展望、そして、様々な試作検討など、お世話になっている満昌寺様、アーティスト様を、ご紹介させて頂きます。

屏風/和紙への印刷

和紙へ印刷する為に、Laxerop技術を開発した経緯と、その事例などについて記載しています。

 

グラスへの印刷

クリスタルグラスに透明感があり、鮮やかなフルカラー 画像形成をしたい、、。
「綺麗」と言って頂ける品質を作り上げたい、、そんな想いからスタートしました。

凹凸表面への印刷

Laxerop技術で、フラッグフットボール、ラグビーボールのなど、伸縮性のある凹凸表面への画像形成が、出来る様になりました。