アルバム写真のデジタル化代行!古い写真をデジタル化する2つの方法!低価格で依頼

アルバム写真をデジタル化する場合、いくつかの方法が挙げられます。基本的には、スキャナなどを利用して自分で行う方法と、アルバム写真のデジタル化代行サービスを利用する方法の2つです。こちらでは、それぞれの方法の特徴について詳しく解説していきます。

どちらの方法でも、古い写真を綺麗にデジタル化することは可能なのですが、事前準備や必要なお金などを考慮すると、アルバム写真のデジタル化代行サービスの方がおすすめです。その理由についても解説しているので、これからアルバム写真をデジタル化しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

古い写真をデジタル化する方法1「自分でする方法」

古い写真とカメラ

古い写真はフラッドヘッドタイプのスキャナやフィルムスキャナを使用することで、デジタル化することが可能です。

ネガとポジは両方対応可能で、フラッドヘッドスキャナであれば印刷写真にも対応することができます。ほこりの除去や色合いの補正も行ってくれるフラッドヘッドスキャナであれば、補正作業にかかる労力も大幅に少なくなります。

しかし、フラッドヘッドスキャナは値段が高いという欠点があるため、古い写真のデータ化だけが目的の方にはあまりおすすめできません。フィルム専用スキャナであれば、価格もお手頃ですし操作も簡単です。

しかし、フラッドヘッドスキャナとは異なり、写真を取り込んだ後、補正を行う必要があります。フラッドヘッドスキャナとフィルム専用スキャナは、それぞれにメリット・デメリットが存在するため、目的にあわせてどちらを利用するか決めましょう。

株式会社クロスマインズでは、アルバム写真のデジタル化代行サービスを行っています。古い写真を低価格でデジタル化したいという方は、ぜひ株式会社クロスマインズのアルバム写真デジタル化代行をご利用ください。

古い写真をデジタル化する方法2「業者へ依頼する」

指差しする男性

古い写真を自分でデジタル化する場合は、スキャナの用意などの事前準備が必要です。それが面倒だという方は、デジタル化代行サービスを利用しましょう。デジタル化代行サービスは、低価格で大量の写真のスキャンを依頼することができます。

デジタル化代行サービスを依頼する場合は、業者の選定に注意しましょう。スキャン業者は数多く存在するのですが、なかにはスキャンの解像度が低く、使い物にならない画像データを送ってくるところも存在します。

低価格での依頼だけを意識すると、悪質な業者に引っかかってしまうので注意が必要です。インターネット上の評判などを確認して、信頼できるスキャン業者を探しましょう。

株式会社クロスマインズでは、アルバム写真のデジタル化代行を行っており、低価格で依頼を受け付けています。思い出の写真をデータとして保存しておきたい、スキャナは持っていないけれど画像データが欲しいという方は、ぜひ株式会社クロスマインズのアルバム写真デジタル化代行サービスをご利用ください。

古い写真・アルバム写真のデジタル化代行は株式会社クロスマインズへ!低価格でご依頼に対応

アルバム写真をデジタル化するのならば、スキャン業者にデジタル化代行を依頼するのがおすすめです。

スキャナなどを自分で準備するとなると、かなりのお金と時間が必要ですし、各種設定や調整も慣れていない方にとっては難しいです。しかし、業者ならそれらの作業を一挙に任せることができるため非常に便利です。

株式会社クロスマインズでは、アルバム写真のデジタル化代行サービスを行っています。低価格で思い出の写真を綺麗にデジタル化いたしますので、ぜひ株式会社クロスマインズのアルバム写真デジタル化代行サービスをご利用ください。

アルバム写真のデジタル化代行なら株式会社クロスマインズまでお問い合わせを

会社名
株式会社クロスマインズ
CrossMINDS Co., Ltd.
代表取締役CEO 西村克彦
設立 2014.7.8
資本金 1,000万円
住所 〒107-0052 東京都港区赤坂8丁目12−8−109
電話番号 03-6804-1726
e-mail info@crossminds.co.jp
URL https://crossminds.co.jp/
顧問税理士 全国税理士法人 菊地拓事務所
事業パートナー様 IP Business Consulting S-CUBE
CSRへの取り組み
  • 新横浜パフォーマンス 協賛・実行委員
  • 大田区 “下町ボブスレー”特別協賛・応援
  • 特定非営利法人 ワップフィルム
  • 「未来シャッター」への協賛・応援
事業内容
  1. 画像、ペーパー、アーカイブ事業
  2. プロモーション、技術支援事業
  3. 知的財産支援事業
  4. 健康支援事業
  5. デザイン、広告関連事業
  6. 教育、芸術、IT関連事業